Uncategorized

料理上手になる方法!包丁をもったことがない人でも順序を守れば簡単!

この記事を書いた人
(ペンネーム)
吉田ねこ
 

プロフィール

私は数年前まで料理が大嫌いでした。包丁は恐いし面倒だし…いつも外食や出来合いモノばかり食べていました。ですが何となく料理を適当にやってみると、そこから急激に上達していきました。今では料理長をやっている弟にもほめられる腕前です。

料理はやり慣れていないと面倒ですよね。

私も昔はそうだったので、気持ちがよく分かります。
ですが「料理は面倒だしできない」というのは先入観で、実は簡単なのです。

では料理上手になる方法を紹介していきますね。

必要最低限のことだけ覚える

料理のレシピ本なんかを見ていると色々と書いてありますよね。

大さじとは、小さじとは、アクの取り方やダシの取り方など、基本的なことがたくさん書いてあります。

ですが覚えるのは必要最低限のことだけでOKです。

色々書いてあると読むのも面倒になってしまうので、基本的に包丁の持ち方くらいでOKです。
あとは炒める前にはフライパンに油をひく、野菜は洗うけど肉は洗わないくらいの知識でも大丈夫です。

ダシの取り方などはよく書いてありますが、それはある程度料理ができるようになってから覚えればいいのです。
切り方もみじん切りや千切りは文字的に何となく分かるでしょうし、知識を詰め込んでもやる気がなくなります。

口コミでも「初めて料理をしようと思って材料を買っただけで終わった」というものもありますし、やっぱり構えすぎると面倒になるのです。
包丁は危ないので危険なことがないように注意し、本で見てもよく分からなければYouTubeで動画がいくらでもありますよ。

手抜きをしつつ楽に料理する

なんとなく料理は手を抜いてはいけないような気がしますが、そんなことはありません。

どんどん手を抜いていきましょう。
ダシは粉末でOKですし、天ぷらを作るときはてんぷら粉、から揚げはから揚げ粉を使っていいのです。

から揚げは好きな人も多いですが、口コミでも「普通に作るよりも市販のから揚げの方が美味しい」と言われるくらいです。
てんぷら粉も「てんぷら粉を使ったらサクサクになった」というコメントも多いですし、かなり優秀なのです。

「卵を入れて炒めるだけ」という市販の商品ありますし、包丁を使うことが不安なレベルなら遠慮せずどんどん楽をしましょう。
手抜きではなく楽をするだけですし、包丁が持てない状態からのスタートなのでこれから慣れていけばいいのです。

料理をいざ始めようとするとやけに材料に凝ったりしてしまいますが、それは長続きしにくいですよ。
スパイスを何種類も買いたくなってしまいますが、料理を始めたころはまず使いません。

作るレシピを決めたらその中でも工程の少ない簡単そうなレシピを探し、材料を買いましょう。

レシピは本よりも動画がおすすめ

レシピといえば本のイメージがある人もいますが、動画の方が分かりやすいです。

包丁も持ったことがないなら具体的に工程を文字で説明されても分かりにくいですよね。
動画なら切る様子、炒める様子なんかも目で直接見ることができるから簡単です。

パソコンではなくてもスマートフォンから見ることができるアプリもありますよ。
個人的には「DELISH KITICHEN」が無料で使い勝手もいいのでおすすめです。
全工程を動画で見ることができるので面倒さがありません。

口コミでの評判も「便利で手放せない」「見やすいから楽」とかなり良いです。
利用者も増えているアプリなのでレシピ数も多くて使いやすいですよ。

本でのレシピでももちろんいいのですが、本はかさばるしわざわざ買わないといけません。
買うと「料理をしなければ」という気持ちにもなってしまうので、気楽なアプリやサイトをうまく利用してくださいね。

まずは無料で使えるアプリなんかを利用し、上達していったら本を買うという方法にすると勿体なさがないですね。

味を修正できるような料理から始める

例えばグラタン、炊き込みご飯といったメニューは、出来上がったあとに味を修正することが難しいです。

こういった料理は避けて、簡単に味を修正できるものからチャレンジしていきましょう。
それには炒め物がベストです。
焦がさないように炒め、あとはレシピ通りに調味料を入れていくだけです。
何の味付けかにもよりますが、醤油やコショウなら足りなければ後からかけるだけですよね。

レシピ通りにつくることは基本として余計なものは入れず、作る分量がレシピと違ったら調味料は少な目にしておくといいです。
味付けが濃いのは修正できませんが、薄いのは修正できますよ。

炒め物以外でもカレーやチャーハン、お味噌汁やシチュー、オムライスなんかも失敗しにくいのでチャレンジしてみてくださいね。

料理教室に通う

料理教室に通うのも料理上手になる方法ですね。

包丁を持ったことがない人でも通えるレッスンがあるので、近くになるか調べてみるといいですね。
そういったレッスンは「超初心者でもOK」「包丁をもったことがない人におすすめ」など書いてありますよ。

自分でやるよりは費用がかかりますが、包丁の持ち方から切り方まで丁寧に教えてくれます。
ただし、しっかり教わりたいなら人数が多いグループレッスンは難しいかもしれません。
5人程度の少人数制、個人レッスンでないと順番が回ってこないこともあるので人数も確認しておきましょう。

料理教室の口コミは多いですが、コメントをみるとやっぱり自分のレベルに合わせることが大事ということがよく分かります。
「全くついていけなくて置物になっていた気分だった」「できなすぎて周りに迷惑かけた」などの口コミもありました。

まとめ

料理は慣れれば簡単です。

ですが最初に難しいことを覚えようとすると嫌になってしまいます。
楽をして料理ができるのはいいことなので、便利グッズやアイテムは使っていきましょう。

楽をして料理をしていても料理の基本は勝手に身につくので、自分のレベルに合わせるようにしていきましょう。
料理慣れしていない人が「隠し味」を使うと失敗することがあるので、味付けはレシピに従うということは気をつけくださいね。

それと、包丁やピーラーでケガをしないようにだけは気をつけてください。
固いものは無理に切らず、レンジで柔らかくして切るなどして無茶をしないでくださいね。