Uncategorized

がんを治す方法はないの?新しい治療法SHTを知っておこう!! 

がんを治す方法は
この記事を書いた人
(ペンネーム)
にゃんザベス
 

 

プロフィール

学生のころ親戚をがんで亡くし、今現在その親戚と同じ年代になり自分ももしかしたらがんになってしまうかもしれない・・・という不安から、がんを完治させる方法を必死で探しました。
もしがんの可能性があるとお医者さんから言われた方は一つの選択肢として知っていただきたいと思います。

あなたの身近な人に、がんになってしまった方はいますか?

メディアでも芸能人の方が惜しくもがんで亡くなられたという事が多々報じられます。

これだけ医療が発達しているのに、どうしていまだにがんを治すことができないのでしょうか?

少しでも治る可能性の高い新しい治療法「SHT」についてご紹介したいと思います。

がんは早期発見が重要

政府は国をあげてがんを早期発見して治療することを推進しています。

それだけがんは日本人の死亡原因トップであり、とても深刻な問題であるからです。
いかなる治療法においても、がんの早期発見はとても大切です。

各自治体では様々ながん検診を1~2年に1回、がんにかかりやすい年代を対象にして費用一部負担というかなり受けやすい価格で受けられるような取り組みをしています。

こうした胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がん検診ではまずがんの疑いがあるようなものがないのかどうかを調べます。
もし疑われるような影や反応があった場合、さらに精密検査をする事を勧められます。

精密検査は検査入院をして組織の一部を切り取って顕微鏡で調べるといった方法が行われます。
新しい治療法「SHT」では、この精密検査については受けないほうが良いという考え方です。

精密検査を受けず、疑いがある時は SHT治療法を実施している病院へすぐに相談する事を勧められています。

一般の治療法と「SHT」の違いは?

がんの治療では、一般的には精密検査をしてから治療をするか経過観察がいいのかを判断されます。

治療の場合手術・薬物療法・放射線治療というがんの三大治療を選んで受ける事になります。
「SHT」というマイクロ波温熱療法ではがんの疑いがあった場合、それからさらに詳しくがんの状態を調べその症状に合った治療法を検討していきます。

なぜならSHT治療では精密検査をして病変した一部を切ったり針で刺したりしてしまうと、がんの細胞が風船が割れたように体内に飛び散ってしまうと考えているからです。
そして治療では身体をメスやレーザーで切るということはしません。

がん病巣に当たるようにマイクロ波を1回に付き15分程度照射します。
マイクロ波を照射することで体内のがん細胞のみが42.5℃ほどに熱くなり、がん細胞を熱によって死滅させてしまうのです。

がん細胞は熱に弱く、42.5℃という温度に耐えられないのです。
この治療法ではその人のがんの状態によってマイクロ波を照射する時間や回数も変わります。

がんの治療方法は「自分で選ぶ」時代です!

日本の一般的な病院では、検診→精密検査→手術といった流れが普通の治療だといわれます。

第一に医師自身がそういう教育しか受けておらず、それが最も有効な治療法だと考えています。
しかし医療の発達した現代、海外では日本のような三大治療をする数は激減し、違う代替療法が一般的となっています。

それぞれメリットデメリットはあるので、しっかり自分でどんな治療法なのか、どういったリスクがあるのかは調べなければなりません。
「お医者さんの言うことは絶対だから、ちゃんと言われた通りにしなくちゃいけない」という時代ではなくなりました。

忙しくて調べる時間がないから、医者の言うとおりにしておけばなんとかなるからといった、いい加減な態度では自分や家族や大切な人の健康を守る事はできません。

がんはもう、「死んでしまう怖い病気」ではありません。
そういう形にしてしまっているものは「無知」と「無関心」です。

今インターネットは誰でも出来る時代なのですから、きちんと自分で納得できる治療法を探すことはとても重要です。
そうしなければ、2人に1人ががんで死んでしまうという日本の現状は変わらないでしょう。

がんを治す方法は、あなたが自分で調べて自分で選ぶ時代なのです。

まとめ

学生時代、大好きだったおばが末期がんで亡くなりました。

遠くに離れて住んでいたので、今でももっと早くなにか対処しておけば助かったんじゃないかと思ってしまいます。
その頃はインターネットなんてまったく一般的ではない時代でしたから、おばは医者の言うとおりにきちんと治療を受けていました。

おばは次々に違う病院に移ったのに、亡くなってしまいました。
SHTを推進する細川医師は一般治療の切る(手術)焼く(放射線)盛る(抗がん剤)という治療方法では正常細胞まで傷つけ、転移・再発の原因になっていると主張されています。

ぜひ、身近な人にがんを患っている、がんの可能性があると言われた方がいるという方はこの新しい治療法を教えてあげてほしいと思います。